FXスプレッド比較と意味

FX初心者にも大切なスプレッド比較の意味

FXスプレッド意味

FX初心者キャッシュハニー1

FXにおけるスプレッドの意味は「買値」と「売値」の価格差のことを指します。

例えば「1ドル=100円〜100円5銭」という表示をよく見ますね。

これはFX初心者の人は1ドルが100円〜105円5銭の間で動いていると勘違いしてしまいます。

実は「1ドル=100円〜100円5銭」という表示は「買値1ドル=100.5円」「売値1ドル=100円」という意味なのです。

つまりFXではこの買値と売値の差額をスプレッドと呼びます。

この場合のスプレッドは5銭ということになります。

つまりあなたが1万ドル買おうと思った場合にスプレッド5銭だと105万円、スプレッド3銭だと103万円の資金が掛かるということになります。

通常外国為替証拠金取引の場合、スプレッドにFX会社の手数料が上乗せされています。

あなたがFX取引においてコストを削減したいのならば、スプレッドが低いFX業者を選択する必要があるのです。

また、スプレッドに手数料を含みたいFX業者としてはなるべく高くスプレッドを設定したいということです。

なので一般的にスプレッド最小の0銭ということはFX業界では先ずありませんでした。

かつてのFX業界では最小スプレッドで0.5〜0.9銭で固定で1銭を切れば取引上かなりの大きな意味を持つこととなりました。

しかしながら最近ではトレイダーズFXがスプレッド0銭というサービスを提供しています。

トレイダーズFXでは多くのお取引いただくことで、取引ごとのコストを抑えることを可能にしました。

FXのスプレッドは意味の深い用語なのでしっかりと覚えておきましょう。

またFX取り扱い会社を選ぶ場合は手数料0円だけでなく、スプレッドがいくらに設定されているかもしっかりとチェックしましょう。

詳細はこちらから>>> 1,000通貨からできる外貨取引

ライン画像

FXスプレッド比較

FX初心者キャッシュハニーの画像2

FX業界においてスプレッドはできるだけ高く設定したいFX業者と、できるだけ低いスプレッド設定を望むデイトレーダー側で一進一退の状況にありました。

その中でデイトレーダーからFX初心者まで慎重にFXスプレッドの比較を行い、情報収集を行ってきました。

そんなスプレッド比較の悩みを解決するFX業者が登場したのです。

FX業界ではスプレッド3〜5銭が平均値の中でスプレッドで1銭を切るFX業者が出現してきましたが、遂に【ヒロセ通称】がLION FXがスプレッド縮小プロジェクトを表明しました。

スプレッドが縮小されることがどれくらい大きな意味を持つかと言うことは、FX初心者には分かりにくいかと思いますが、先ほどのスプレッドの意味を確認してもらうとその重要さが分かると思います。

特に「ポンド/円」、「豪ドル/円」は他FX業者よりも特筆のスレッド設定です。もちろん手数料は0円です。

詳細はこちらから>>> 手数料0円!【LION FX】


ライン画像

FXスプレッド比較ランキング

FX初心者キャッシュハニーの画像3

FXスプレッド比較ランキングではヒロセ通商の【LION FX】が注目を集めています。

他にもスプレッド比較ランキングで上位常連組みは「MJ」「みんなのFX(パンタレイ証券)」「マネーパートナーズ」「FXブロードネット」「スター為替」などがあります。

スプレッドについては手数料と同じくコストとして考えるデイトレーダーが増えていますので、FX取り扱い会社も今後更なるスプレッド競争が激しくなると予測されます。

特にヒロセ通商の【LION FX】がスプレッド縮小プロジェクトをスタートさせたので、今後ますますFXのスプレッド比較によるデイトレーダーのFX業者選びは厳しい条件になってきます。

FX初心者も慎重にFXスプレッド比較をランキングなどをチェックしながら口座開設をする業者を選定していきましょう。

レバレッジばかりに目を取られて、FXスプレッド比較を忘れないようにしてくださいね!

ヒロセ通商の【FX LION】は即日口座開設が可能です。詳細はこちら>>> 即日開設トレード可能


ライン画像

FX最新ニュース

FX用語の使い方と具体例 | YAHOOファイナンス | GOOGKEニュース経済